2010.04.20

フナです。







『犬の会話―公園にて―』







犬A
「おい。」

犬B
「ああ。ボブさん。おひさしぶりです。」

犬A
「おう。元気かゴンザレス。」

犬B
「はい。元気っす。」

犬A
「そうか。でもどうした。浮かない顔だな。」

犬B
「そうなんすよ。最近ここの…胸あたり…ちょっといたいんすわ。」

犬A
「そうか。乳首あたりか。」

犬B
「いや乳首あたりじゃないっす。…この…胸あたりの…」

犬A
「どれ…見せてみろ。…ここか。」

犬B
「あ、はい。…いや、もうチョイ上のやつで…」

犬A
「ここか。こうしたらいいのか。」

犬B
「…はい、でもボブさん、もういいすわ。よくなりましたわ。」

犬A
「え、ああそうか。しかしここだろう。こうしてこうだろう。」

犬B
「…もういいすよボブさん。」

犬A
「いや、もっとこうで…ねえ。ここら辺だ。」

犬B
「……。」

犬A
「やっぱりここだ。さて…もっと鼻を近づけてもいいかな?」

犬B
「やめろコラ。このガチホモが。」

犬A
「え……。」

犬B
「まじでないっすわボブさん。ボブさんガチホモやないすか。」

犬A
「……。」

犬B
「残念すわ。まじで。最低すわ。」

犬A
「……。」

犬B
「最低すわ。」

犬A
「……ほんとにごめん。」