オーバーラップ

2010.04.28

ばてだ。

んばらくの記事読んで、
かなり昔の哀愁漂うエピソードを思い出したから記しておこう。

僕は、小学生の頃、サッカー部に属していた。

僕の父は、サッカーに関しては かなりうるさい人間で、
僕らの試合を見に来ては、専門的なダメ出しをするような、
そんな父だった。

父は学生時代、剣道部だった。

サッカーはテレビで覚えた。
そんな父だった。

僕は、そんな父の事を、当時からずっと、
「顔が、貴乃花に似てるなぁ」と思いながら見ていた。

僕が5年生の時、合宿があった。

その中で、息抜きを目的として、6年生チームと父兄チームとの試合が催された。

僕達5年生は、グラウンドの端で、その試合を観戦していた。

前半、ベンチで腕組みをして試合を見ていた父が、後半から出場する事になった。

僕が、父のプレイを見るのは初めてだったので、
「お父さん、普通の運動靴だけど大丈夫かなぁ」と心配になった。

父は、左サイドバックとして出場した。

父は明らかに右利きだった。

父は、左サイド後方で、懸命に右足だけを駆使して、
実に無難で面白くないプレイをこなしていた。

僕が、たいして面白くない父のプレイに飽きてきた、試合終了間際の時だった。

父兄チームの司令塔をしていた、サッカー部のコーチから、
相手ゴールキーパーの前へ、絶妙なスルーパスが出た。

そこに、左サイド後方から、相手ディフェンダーの裏へ、
これまた絶妙なタイミングで、
貴乃花に似てる人が走り込んできた。

ゴール前。
相手キーパーと、一対一。

シュートを狙った父の足は、ボールに わずかながら届かなかった。

直後、飛び出してきた相手キーパーと接触して、

父は空中で縦に回転した。

そして、父の体だけが
ゴールラインを割った。

凄く面白かった。

痛みに耐えてよくがんばった!
感動した!