卒業アルバム

2010.05.07

フナです。

弟が東京の大学に進学した。




こんまえの連休中に実家に帰って、

弟の部屋入ったら、

教科書やらなんやらかんやらそのままで、




なんか静かやし。

親父もおふくろも、なんら代わり映えせん生活しよるし。





弟が家にいないのは初めてで、

しーんとした部屋にひとりでいたら、

なんか家族のこととか昔のこととかいろんなこと考えちゃって、

隕石とかいっぱい落ちてくればいいのにと思った。




弟の机の上に、高校の卒業アルバムがあったんで、

興味本位で開いてみた。




クラスみんなが載っとる写真があって、

個人個人が写ってるやつ。

30人そこそこの男子女子みんなが、

輝かしい笑顔で写っている中、




弟ひとり、真顔。




次に修学旅行のときの全体写真があった。

みんな思い思いのポーズをとって、

めっちゃ楽しそうに写っている中、




弟ひとり真顔。

しかもみんなの影が弟にかかって、

暗くてようわからん。




弟のクラスでのポジション的なものが、

すごくよくわかるな。




ふと、

寄せ書きてあるよね?

て思った。

アルバムの後半の白紙スペースにみんなが書いてくれるやつ。




後半を開くと、

さすがに5人くらいから寄せ書きがあった。

よかった。

兄貴安心した。




『おまえは意外性のあるやつだったよ!最初からそのキャラでいってたらよかったのに!』



ふーん。なーる。



『おまえの猥談、最高だったぜ!』



ん。

猥談。思春期だろうしな。



『おまえの一年の時のあれ!マジでうけた!普段とのギャップすごすぎ!』



『一年のときのアレは最高!「メイちゃん」またやって!』




おい。弟。




一年のときなんかしたな。

おまえのキャラ振り切って『メイちゃん』てネタ、

したんやな。




よかったな。

一度でもみんなの心に思い出を残したな。




『メイちゃん』て、

多分トトロやな。

大方モノマネやろな。




安易やな。