2011.02.03

ふなです。

『鮫』

息子
「父上、ペットを飼ってもよいですか?」


「見せてみよ。」

息子
「これです。」


「なんだ?」

息子
「鮫です。」


「馬鹿もの!陸上で鮫など飼えるものか!」

息子
「もう名前もつけております。『パーマン』です。」


「『パーマン』だと!?駄目だ!いますぐ海へ返すんだ!」

息子
「それは鮫の、動物の環境適応能力への過小評価です。」


「何だと!?」

息子
「人間の優位性を暗に主張する、あなたの態度が傲慢だといいたいのです。」


「貴様!親にむかってなんて口の聞き方!」

息子
「ほら、ごらんなさい。鮫の腹を突き破り、足が生えてきております。まさに環境に適応しようとしているのです。」


「止めろ!腸が飛び出ている!!」

息子
「人間、動物それぞれに自然のあり方は違います。同じく幸福のあり方も違う。鮫の幸福が父上にわかるのか?さあ、裁判官こちらへ!」


「裁判官だと!?」

裁判官
「被告人の罪は何かね?」

息子
「はい。父上は週3のペースで女子高生に淫行しております。」

裁判官
「死刑!お前死刑!」