マイキャラクター

2013.01.26

ふなです。

矢沢あいが3年半ぶりに漫画を執筆したとのことで、嫁が感嘆の声をもらしていた。

矢沢さんの漫画はNANA含め、俺も何作品か読んでるけど、

また元にように執筆できることを願っております。

で…みんなはどうかしらんけど、ガキの頃は漫画家を一度は夢見るんやないかね。

俺もガキの頃はひっそりと漫画執筆してました。

「スライムの大冒険」。

オリジナリティの無さ。

ちなみに嫁が執筆してたのが、

「ホワイト・ガール」。

ガチ過ぎてダサいが、俺も嫁も当時は子供ながらに真剣だった、と思う。

あと、自分だけのキャラもいた。

ノートとか教科書の端に、頻繁に登場するキャラ。

確か、「おにぎり戦士」。

おにぎりが、機関銃とサバイバルナイフを持っている、コンセプトに無理があるキャラクター。

俺の学年が上がって、「新おにぎり戦士」となり、ミサイルやら爆弾やら、色々装備品が増えた。

しかし、特に敵がいる設定は無かった。

同じおにぎりを使って、嫁の妹は、「おにぎりくん」というキャラを作っていた。

お碗にお湯を張り、その中に入るのが好きというキャラ設定だったらしいが、

お湯に入った時点で形状が崩れるので、「おかゆくん」に近くなるのではと思ったが、

妹にその発想は無かったらしい。

そんな設定のヌルい妹の「おにぎりくん」は、嫁の両親からは高い評価を受けたが、

嫁的には、

「私のほうが正統派の少女漫画(ホワイト・ガール)を執筆しているのだから、妹ではなく、本来は私が評価されるべき」

と、不満を感じていたらしい。

どうであれ、年をとりました。