D

2014.01.31

ふなです。

 

やっと週末きた。

週末のために生きてる。

 

今日、会社の上司が仕入先と電話してて、

「換気扇の・・・そうです・・・品番がDBの・・・違います。Dです。デーです。デー」

みたいな。だまって聞いてたら、

 

「・・・デー。Dです、はい。・・・『ドラゴンズ』のDです」

 

ん?てなったよ、俺的に。

『ドラゴンズ』をチョイスしたことに。

日本人なら基本、みんな野球が好きだろう、もちろん知ってるしわかるだろう、

とか思って言ったんだろうけど、

たとえば俺は違うからね。

「『ドラゴンズ』のDです」て言われても、

「どちらさんのDでしょうか?」って。

スポーツに疎い人は、ちょっと気悪くするよ、その野球推し。

 

じゃあ、

「Dです。・・・『デンジャラス!』のDです」

これね。

ちょっと語尾強めで『デンジャラス!』ね。

『デンジャラス』て言葉がまず恥ずかしいから。

特に『ジャラス』あたり。

でも、その分インパクトは残すよね、「え?『デンジャラス』って言いました・・・?」って。

つまり確実に『D』であることが相手に伝わるよね。

 

「Dです。・・・『ドン・ガバチョ』のDです」

これもね、いい。

まあ、ドン・ガバチョはカタカナだから、Dとかじゃないんだけど、

これのいいところは、相手がひょっこりひょうたん島知ってたら、

「あ、ひょっこりひょうたん島好きだったんですか!実は僕も子どもの頃大好きで・・・」

と大変会話がはずむんだよね。

相手との距離をぐっと縮める、応用テクなんだけど、あとは、

 

「Dです。・・・『パンダ』のDです」

これもかなり有効。パンダ「panda」の、「da」の部分ね。

相手さんからしたら、

「いやいや、パンダは『P』でしょ?」て感じになるけど、

「私はpandaの『da』のことを言ってるんですが。大体の方はこのように言えば理解頂けているのですが・・・」

と、こう言う。

相手はこう思う。

「しまった・・・俺だけ理解できなかった、私は世間より学が足りていないのかもれない・・・」

このように思わせることで、今後、自分が相手より有利な立場を取ることができる。

相手より優位に立ちたい場合、「ディープパープル」のDもいい。

かなりライブ感を与えるため、相手は圧倒されるだろう。

 

それはそうと、

もう早いもので、一月が終わる。

明日は、整骨院に行く予定。